LOUIS VUITTON伝説の腕時計はやっと入荷!

ラルフ・ローレンが愛するクラシックカーからインスパイアされ、誕生した「ルイヴィトン オートモーティブ コレクション」。なかでも激安 ブランド初のオープンワークが施された「ルイヴィトンオートモーティブ LV スケルトン」はヴィンテージカーの美学と世界観が反映されれている。
 
“走る芸術品”ブガッティから生まれた“時を刻む芸術品”
 

「ルイヴィトン オートモーティブ コレクション」は、ラルフ・ローレン自ら所有する伝説的なヴィンテージカー、1938年型 ブガッティ タイプ57SC アトランティック クーペからインスピレーションを得てデザインされた極上のタイムピースである。2015年にジュネーブ・サロンで発表され、7月から発売されている伝説的なブランドコピーのコレクションの「ルイヴィトン コピー LV オートモーティブ スケルトン」を再検証していこう。
 
「ルイヴィトン LV オートモーティブ スケルトン」の12時位置にレイアウトされたLVのイニシャルロゴは、ヴィンテージレースカーのロゴから着想を得て誕生した。インド紫檀で仕上げられた木製のベゼルはブガッティのハンドルをイメージ。ブラックアリゲーターのレザーストラップは、伝説的なヴィンテージカー・ブガッティの洗練された内装を想起させる。
 
エンジン部分にあたるムーブメントには、ルイヴィトンのためにヴァル フルリエで特別に製作された、スイスの名門ブランドIWC製の手巻きムーブメントを搭載。ブラックに加工されたムーブメントを支えるブリッジには時計の美学が映し出され、偽ブランドのルイヴィトン初のオープンワークによって、複雑で精巧なメカニカルな動きを堪能することができる。

ルイヴィトン LV オートモーティブ スケルトン
ケース|ウッド(インド紫檀)ベゼル+ショットブラスト加工ステンレススチール
直径|44.7mm
厚さ|11.1mm
ムーブメント|手巻き(Cal.LV1967)
パワーリザーブ|約45時間
ストラップ|ブラックアリゲーター
防水|5気圧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です