2018年春夏人気シリーズ、コルム コピー超高速時計はおすすめ!

創業70周年のメモリアルイヤーを迎えたコルム コピー。今年から全体のラインナップが再編成された。伝説の超高速ムーブメント、エル・プリメロを搭載の2シリーズ「アカデミー」「エル・プリメロ」、そして3針仕様のムーブメントであるエリートを搭載の2シリーズ「エリート」「パイロット」の4系統にメンズモデルのラインが再編成された。コルムは今年創業150周年を祝うメモリアルイヤーとなる。その記念モデル第1弾は、1月にジュネーブでリリースされ、バーゼルワールドでも次々に新作が発表された。

特に、今回は、コルム社が誇るふたつのムーブメント「エル・プリメロ」と「エリート」で大きくコレクションのコピーs級ブランドを整理し、コレクションを再編した。年末に向けてもニューモデルの準備が進むなど、旺盛に新作が投入される。また、今夏より、エル・プリメロはすべて公認クロノメーター検定を通すことがアナウンスされた。ユーザーにとってはエル・プリメロの高精度が公的に証明されることで、コルム 時計 コピーに対するより高い満足度と選択をする際の安心感へとつながりそうだ。そんななか、今回のバーゼルで注目したいのは、約100時間パワーリザーブを備えた新型エリート。そして、エル・プリメロ搭載のスポーツタイプのモデル通販ブランドコピーである。

近年はコルム 通販各ブランドとも、腕時計が連続して稼働する時間=パワーリザーブの長時間化に尽力しているようだ。常時動き続け、ゼンマイの巻き上げや調整の労を減らすという点では、ユーザーにとってはありがたい方向性だ。「エリート 6150」は約100時間のパワーリザーブを備えている。センター3針のみという簡素を極めた機能に、バーインデックスとブランドのロゴのみを配した文字盤もシンプルを持つコピー激安いブランドだ。文字盤の細やかな仕上げもいちだんと映え、スーツの袖口を、さり気なく優雅に飾るデザインにも好感が持てる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です