150周年に発表されたユリスナルダン コピー新作が登場

1996年の創業150周年に発表されたユリスナルダン コピーマリーン・コレクションは2018年の今年、誕生20周年を迎えた。これを機に複雑モデルからクロノメーター・モデルなど多数の新作が発表されたが、特にユリスナルダン コピー「マリーン クロノグラフ アニュアルカレンダー(Marine Chronograph Annual Calendar)」は10種類もの新作を用意。ステンレススチール・ケースが6種、レッドゴールドが4種という豪華なラインナップである。

このユリスナルダン スーパーコピー時計の特徴は「シンプル構造のアニュアルカレンダー」。ユリス・ナルダンでは、1996年発表のプラス・マイナスのプッシュボタンだけで時刻の前進後退ができるパーペチュアルカレンダーを発表した実績がある(開発担当はルードヴィヒ・エクスリン博士)。本作もこのシンプル機構の精神に則り、通常は30パーツを必要とされるアニュアルカレンダーの部品数を12個に簡略化している。

搭載ムーブメントはCal.UN-153でアニュアルカレンダー表示計は9時位置に設定される。マユリスナルダン 激安の原点とも言えるスモールセコンド・モデルなど、「海」のイメージを強烈に打ち出した新作が登場した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です